辰野金吾と美術のはなし@東京ステーションギャラリー

  • 2019.11.25 Monday
  • 10:35

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

 

辰野金吾は、東京ステーションギャラリーの設計者で、そのほか日本銀行、大阪市中央公会堂などを設計した、近代建築の父ともいえる人物。今回は、美術ということに主眼をおいていました。

 

とはいえ、何体か石膏像がおいてあったり、訪欧の際の建築スケッチなどが主で関わりについてはちょっとわかりにくかったかも。

しかし、青焼きされた緻密な設計図がとても美しかったです。

究極の用の美ですね。

 

 

 

あまり建築には詳しくないので、流し見になってしまいましたが、

明治の西欧列強に並ぶべく、刻苦勉励の末の立身出世。

また、指導者としても「親父」と呼ばれて生徒や部下に愛された人のようでした。

 

次へのつなぎなのか小規模でしたが、東京ステーションギャラリーの中の人がこの建物が好きで、建てた人をもっと有名にしたいという、気持ちの伝わる展示でした。

 

24日まで。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM