コートールド美術館展@東京都美術館

  • 2019.11.02 Saturday
  • 10:00

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

コートールド美術館展@東京都美術館 を見てきました。

マネの晩年の傑作、フォリー=ベルジェールのバーが来日したことでも、話題になっています。

そのほか、印象派の巨匠ルノワール、モネ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌなど、有名な作家作品が展示されています。

安定の印象派絵画展といった感じでした。

 

今回は、コートールド美術館が研究施設も持っており資料や比較研究を土台に展示されていました。

ですが・・・

 

人が多すぎてキャプションが読めません( ;∀;)

人の頭越しに作品を見るのが精いっぱい。

ストレスフルでじっくり見る気力がなく、見流す感じになってしまいました。

 

人の多いところ、騒がしいところは本当に苦手です。

 

出口のところにあった、写真を撮っていいスペース。

今回の展示会はこちらだけでした。

美術館からの許可云々よりも、もともと知名度が高いので、SNSで発信して集客する必要がないためだと思います。

そしてそれは大正解。

 

印象派が好きな方は、巨匠の選りすぐりの名画が数点ずつですが出品されていますので、お見逃しなく。

かなり込み合いますので、覚悟の上足をお運びください。

12月15日まで。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM