内藤コレクション展 ゴシック写本の小宇宙@国立西洋美術館

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 17:40

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

内藤コレクション展 ゴシック写本の小宇宙を見てきました。

こちらは、西洋美術館の常設の奥にある特別展示室で行われています。

ハプスブルグ展の半券で常設展示は見られますから、一緒に見てきました。

 

 

本の形が好きなので、ゴシック写本、、、という言葉でわくわくします。

 

現筑波大学名誉教授内藤裕史氏というお医者さんの私的コレクションを、この度西洋美術館に寄贈しその記念の展示です。

元々、美しいものが好きだった内藤氏がコレクションするきっかけになったのは、パリの屋台での出会いで、そこからゴシック写本を集め始めたそうです。

 

 

こういった展示では、必ず展示物の目録があるのですが、今回は、内藤氏による「コレクションへの道のり」というパンフレットのみ。そこには写本に対する熱い思いが語られていました。

 

写本との出会い、ゴシック美術への傾倒、コレクションの始まりと成長、そして集めたコレクションを寄贈するにあたっての動機と思い、コレクションをさらにブラッシュアップして美術館へ手渡すために長沼氏からの援助を受けての買い付け・・・

これだけで充分本になる面白さでした。

 

あ、すでに本になってますね。

 

そして、この薄いパンフレットの最後には、奥様に対する謝辞で〆められていました。

コレクションを

「国立西洋美術館に寄贈しようと思う」といったとき、しがない生活を強いられているにもかかわらず、黙って頷いた妻の節子に感謝する。

 

私も、内藤さんと奥様に感謝。

美しい写本を、散逸させずに日本に残してくださったことを。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM