ドラードギャラリー ネコ コンペティション展 始まりました

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 11:20

JUGEMテーマ:にゃんこ

JUGEMテーマ:アート&クラフト

 

16日より、ドラードギャラリーネコンペ展無事に始まりました。

展示はギャラリーのスタッフにお任せしますので、どんな場所に飾っていただけるかは行ってみないとわかりません。

何度も出してらっしゃるベテランも居ると伺っていますし、本当にドキドキしました。

 

 

何度見ても素敵な建物です。

 

 

飾っていただいていました~( ;∀;)うれしい〜

 

今回、壁紙というか、壁にクロスを張り直してらして、私の好きな薄いセルリアンブルー。

白い額にして正解でした。

 

こちらの建物の雰囲気に合わせて、出される作家さんは良い額を使って来られます。

個性的な建物、アンティークのお店でもあるドラードさんでの展示には、ゴールドやいぶし銀などの少しレトロイメージの

額が合うんです。

 

しかし、私の作品は支持体がフラットなシルク生地ということがあり、あまりゴージャスな額が合わない(と思います)

油絵やアクリル画はマテリアル(質感)が強いので豪華な額が良いのですが、私の作品は日本画に近いので難しいのです。

 

前回、創作者表現展でも白い額を使いましたが、その時は箱型にしてできるだけ存在感があるように考えました。

前回の展示のシャロちゃん

 

飾っていただく事を前提にしていますし、お届けした先のお家にあまり合わない額も困りますし、相談しながら作り上げられるのが本当は理想ですね。

今回も、額はこちらで選ばせていただいたのですが今後の課題です。

 

また、ドコノコという犬猫SNSでお世話になっているaomanaさんも今回出品されました。

とてもかわいい作品で、良い場所に展示されています。

 

 

見切れていますが、左隣はオーナーさんの作品。

すごいですよ〜。

 

本日は3時ごろから夕方まで会場に出入りしていると思います。

狭い場所ですので、お茶に行ったりしてると思いますが連絡手段ご存知の方は気軽にお声かけください。

 

 

 

ドラードギャラリー ネコ コンペティション展 参加します。

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 17:28

JUGEMテーマ:アート&クラフト

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

ドラードギャラリー ネコンペ展に参加します。

 

前回12月にドラードギャラリーさんで創作表現者展に参加させていただきましたが、今回は「ねこ」ということで、

お友達のaomanaさんもお誘いして出品します。

 

しばらく前にお願いしていた猫モデルさんも、ありがたいお申し出があり、素敵ならんちゃんとぼたんちゃんという子たちを

描く事ができました。

 

二作品登録しましたので、折角なら何か繋がりがあればと思っていたら両方ともお花の名前のお嬢さんたち。

大好きな花、蘭と牡丹を描き添えて。

らんちゃんは青い目がきれいなラグドール、ぼたんちゃんは金色の目がチャームポイント。

布地はらんちゃんは目に合わせた紫がかった青、ぼたんちゃんはピンクで絹を染めました。

こちらの生地は、もともと桜の花が舞っている素敵な織り出しの緞子で、角度で花びらが見えるんですよ。

そのため、ちょっと描きにくいのですが、なんとかまとめることができました。

 

額はシンプルな白のスクエアにしましたが、白いマットではなぜかなじまなかったので、間にそれぞれ水色とピンクのマットを差し込んだ二重マットで仕上げました。

 

 

写真の色が少しよくないですが、実物はもっと柔らかい仕上がりです。

少しでも可愛さ、美しさが増すように心を砕きました。

 

どうぞ、お近くにおいでの節は、ご高覧くださいませ。

出品のためのモデルにゃん募集します

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 17:39

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

クリスマスイブですね。

皆様、ご家族で楽しい夕べを過ごされていることと思います。


過日のドラードギャラリーでの展示では、皆様に応援頂き誠に有難うございました。

続けて、ドラードギャラリー「ネコンペ展」2月16日(日)〜2月23日(日)にも出品させていただく事が決まりました。

 

つきましては、モデルになっていただける猫ちゃん(2ニャン)を探しています。

 

2点出品予定です。

商業ギャラリーでの出品となりますので販売を伴います。

ご購入いただければありがたいですが、必須ではございません。

(販売価格は額等が決まらないとはっきりと出せませんが1点15.000〜25,000円+税 の予定です。ご購入予定の場合は応相談です)

 

また、不特定多数の方に見ていただきますし、画像は公開されますので、その辺を了解いただける事が前提となります。

 

画題、大きさはご相談しながら制作しますが、すべてを意に沿う形で仕上げられるかどうかは作者の力量不足もありますし、保証できないのが辛いところです。

個性的なギャラリーですので、気合を入れて描きます。

 

 

それと、猫のアルバムも作成予定です

 

 

すべてを絹の着物地を使って、一ページに一にゃん、手書きとステンシルでキャッチフレーズを入れて仕上げます。

3ニャンから5ニャンくらいまで(それ以上多いと描くのが間に合わないので)

相談しながら仕上げていきます。

 

こちらは(間に合えば)いろんな場所に展示させていただければと思っています。

*THE LIBRARY 2020 in KYOTO 2020年3月10日(火) 〜3月15日(日) 京都MEDIA SHOP gallery 2

*THE LIBRARY 2020 in TOKYO 2020年 8月中旬(詳細未定) トキアートスペース

*東京展            2020年 10月初旬(詳細未定) 東京都美術館

できたらこの三か所に順番に出品したいので、それをご了解いただける方。

 

また、作品はすべて巡回が終わりましたらお渡しいたしますが、制作費が結構厳しいのでご協力お願いできると助かります。

3匹の場合20,000円〜5匹以上で30,000円ぐらい・・・高くて申し訳ない・・・

 

アンティークの着物をほどいて洗って使えるようにするところから始める場合や、イメージに合わせて染める事もありますし

本の形にするにも手作業なので時間がかかります。

簡単に画像がコピーでき印刷・複製できる現代において、工芸作品は時代錯誤の愚かしい無駄な作業のように受け取られてしまいますが、手作業にしか生み出せない何かがあると私は信じます。

 

飼い主さんと、その家族と、猫ちゃんたちのために作ります。

 

ご協力いただける猫の飼い主さんがいらっしゃいましたら、メール(kyon1ta2@gmail.com)ドコノコ、ライン、FBメッセンジャー、インスタ等々からご連絡いただけると幸いです。

 

 

御礼 創作表現者展@ドラードギャラリー

  • 2019.12.15 Sunday
  • 08:58

JUGEMテーマ:アート&クラフト

 

先般、終了いたしましたドラードギャラリー創作表現者展ですが、なんと人気投票にて3位を頂きました。

 

初めての挑戦で100名にも及ぶ参加者、著名な方の中で3位とは、本当に嬉しく投票していただいた方には深く感謝申し上げます。

 

モデルになっていただいたシャロちゃん、許可を頂きアイディアと応援をいただいた飼い主さんには深く御礼申し上げます。

 

 

次回は2月16日から23日まで、ネコンペ展というドラードギャラリーの展示に参加させていただくことになりました。

モデル探しからまた仕切り直して頑張ります。

応援どうぞよろしくお願いいたします。

十人十色展@COZAの間

  • 2019.12.14 Saturday
  • 12:38

JUGEMテーマ:美術鑑賞

JUGEMテーマ:アート&クラフト

 

12月8日から14日まで、横浜港南台Cozaの間で作品を展示させていただきました。

 

こちらの作品は、とても不思議な巡りあわせで展示させていただく事になりました。

 

モデルにさせていただいた猫ちゃんは、知り合ったときにはすでに虹の橋を渡ってしまってました。

飼い主さんは他の猫ちゃんも大変可愛がっておられて、ネットではお気持ちを知ることはできなかったのですが、直接お会いして話を伺うと、名前が出るだけで涙ぐまれるのです。

 

少しでも慰めになれば、と描いて差し上げたのですが、ちょうどCOZAの間さんからお声がかかり飼い主さんの許可を頂いて、展示させていただく事になりました。

 

その時点では、ハガキ大の肖像が一枚だけでした。

 

が、それでは展示としては寂しいので、何枚か写真が入る額を用意しました。

 

追加で小さいころ、

 

飼い主さんお気に入りのお手手の絵

 

そして誕生日のお花の桜を描きました。

 

桜の花も、ちょうどいい感じの写真が自分で撮影した資料であり、これも巡りあわせかしらと感じました。

 

 

 

レースは、肖像の枠がハガキよりも大きく、額にマットを入れられる厚みもなかったので、苦肉の策で挟み込んだのですが

アンティークでセピアっぽい世界に、合っていると思います。

 

遠路はるばるおいで頂いた、飼い主のご夫婦に喜んで頂けて、本当に嬉しかったです。

 

染織での作家活動はすでに四半世紀を超えるほどになりますが

夫から「自己満足」でしょ?と言われ続けてきました。

「作る」だけ、「見てもらう」だけで終わってしまっています。

大作の発表は自分の中での様々なことに折り合いをつけるために、必要な作業ですけれども。

 

けれども猫の絵を描き始めて、人に寄り添い、喜んで頂ける技術を持っている事に気が付きました。

これは幸せなことですね。

 

染織の制作と猫の絵、どう折り合いをつけていくかは今後の課題ですけれども、アラ還となり先が見えてきた今日この頃、

自分が楽しめることを優先に進んでいきたいと思います。

 

今回の作品は「メモリアル」として今後もご希望があれば描きますので、お気軽にお問合せください。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM