超低空飛行ながら現状維持

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 05:40

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

くくりはまだ何とか、頑張ってくれています。

 

5日に入院して、点滴治療を受けていたのですが、数値があまり良くなりませんでした。

腹水が溜まり始め、環境が変わったことでのストレスもあり、病院での加療で快方に向かう見込みも少ないという事で10日には退院となりました。

 

退院後からは夕食の後、仮眠をとり深夜から朝までの見守りを続けています。

トイレの介助と水分の補給、大したことはできないのですが何かあった時に気が付かなかったらと思うと心配で。

 

腹水のせいで息が浅くなり、先生の勧めもあり酸素室をお借りしました。

アクリルの透明な箱で、赤ちゃんの新生児室にあるようなものです。

何度か試したのですがすごく嫌がって入ってくれなかったので、吸入のための漏斗を顔の近くに置く事にしました。

冷たい空気が噴き出すせいか、何とか逃げようとするのですね。

ホースの繋がった漏斗を、くくりを追いかけてあちこち移動させていました。

 

3日ほどは水もご飯も食べてくれませんでした。

今はほんの少し、一日に何度か水で伸ばしたパウチのご飯を食べてくれるようになりましたが、

すぐに飽きるのか食べなくなってしまうので困っています。

 

まだ、自力でトイレは入ってくれるのですが、中で力尽きてしまい籠城状態に。

軟便で汚れてしまうので、目が離せません。

 

毎日の点滴(補水と栄養補給)が欠かせなくなり、病院がお休みの日には自宅での施療が必須です。

先生から手ほどきを受けて、私と娘が皮下点滴を。

段々痩せていくので、皮膚のたるみも少なくなって難しくなってきています。

 

 

本当なら9月の初旬は新工芸関東地区展、五人展、相芸協展と三つ巴の展示で忙しくしているはずでしたので

コロナ禍でステイホームでなかったら、どうなっていたかと思います。

 

昔、7歳だった猫をやっぱり腎不全で亡くしています。

その時は体調悪化に気づいてから息を引き取るまでに一週間、あっという間でした。

まだまだ若かったのに、気が付いてやれなかった後悔が強く残りました。

 

くくりはそんな後悔はしたくありません。

 

今も撫でてあげると小さくゴロゴロ言ってくれます。

こんなに頑張ってくれて、看病をさせてくれてありがたいです。

 

先の見通しは立たないのですが、一日も長く一緒に居られるように願っています。

しばらく更新滞ります

  • 2020.09.06 Sunday
  • 23:10

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

我が家には4匹の猫がいます。

皆血縁はなく、縁があってうちの子になりました。

 

どこのお家もそうなのかはわかりませんが、多頭飼いをしていると猫だけでの社会ができるようで

一番上の「くくり」を除くと猫同士はそれなりの関係なのですが、あまり人間を頼りにしてくれません。

甘えたり、遊んで欲しがったりはしない子たちで、猫は猫、人は人という感じです。

 

そんな中でも、長女のくくりだけは仔猫の時に人間とだけ暮らした時間があったためか、家族として信頼してくれています。

 

次の女子のアルはかなり大きくなってから迷い込んできた、捨てられた飼い猫でした。御飯が欲しい時だけ甘えてくる、居候。

 

三番目で男の子の麿君、こいつはなんというか態度がでかくて偉そうです。お父さんだけを愛していて、めったにゴロゴロも言わない。けがをするぐらい攻撃してくるので、DV男と言われています。

 

四番目で男の子のブチャ君は、小さい時に捕獲機で保護したのですが、全く慣れません。触ることはできますが、爪切りも抱っこもできない家庭内野良猫。

 

その唯一の家族猫のくくりが、体調を崩しました。

もう、19歳ですから今まで元気でいてくれた事だけでも、本当にありがたいことです。

 

しばらく前に喉に膿腫をこさえてしまい、切開、エリカラで不自由な生活をしていたのですが、8月の終わりにそれも取れて日常に戻れると思っていたところ、エリカラのストレスと暑さからから、8月の終わりごろから寝てばかりになりました。

食欲も落ちておかしいと思い、再度病院に掛かったところ腎臓の数値が悪くなってしまっていました。

9月2日から通院していましたが、なかなか調子が戻らず、とうとう土曜日から入院になりました・・・。

19歳と高齢でありますし予断を許さない状況です。

本当に坂道を転げ落ちるように悪くなっていってしまい、体調の変化にもっと早く気づいてやれなかった自分が、情けなくてつらいです。

 

しばらく、各種SNSへの投稿ができないかもしれません。ごめんなさい。

くくりの快復を、皆さんも応援してくださると嬉しいです。

一歩踏み出すこと

  • 2020.07.21 Tuesday
  • 13:52

JUGEMテーマ:日常

 

新型コロナウイルス禍、災害の話題、若くて才能のある人の早すぎる自死、明けない梅雨とここの所気持ちが暗くなりがちです。

それと家中の湿気。

もともと日当たりのあまりよくない家なので、うっかりするとあちこちにカビが発生してしまいます。

あちこち拭いたり、洗えるものは洗ったりしていますが、洗濯物も乾きません。

この時期としては涼しくて過ごしやすいのはありがたいのですが、夏の日差しが懐かしいですね。

 

話は変わりますが

色んな占いをやってみて、性格の指摘で重なって当たってるなあ、と思う部分は「考えすぎ」

考えてる時間が長すぎてなかなか行動に移れないのです。

一つの事を考えているうちに、芋づる式に考えが移り時間が経つうちに最初に考えていたことが遠くに消えてしまう。

そしてまた、思い出して考え始める。

エンドレスなんですね。

 

なかなか集中して、考え事が終わらないのです。

 

これが制作とかモノづくりの考えだと、アウトプットがあるのでなんとか形になって終わらせられるのですが、

例えばこれが人間関係だとドツボに嵌りやすい。

相手が何を思っているのかなど、考えたって分からない事を延々と追いかけてしまうのです。

この癖、なんとかしたいです。

 

人間関係ではないのですが、ずっと長い事学びたいとおもっていた工芸の技法があります。

知ったのはもう、20年は前だと思います。

やってみたい、技術を身に着けたい・・・・と思って教室も探しました。

幸い通えそうな範囲に見つけることができて、いつか行ってみたいと思ってウン年。

去年まではパートタイムで仕事もし、公募展もあり、その合間に出品などもしていたので

どう考えても定期的に時間を取るのが難しかったので、諦めていたのですが。

 

コロナ禍で予定がすべて白紙になってしまい、時間の余裕が出来てしまいました。

これは勉強しなさい、という事ですよね?

本当に思い切って教室にお電話し、見学をさせていただく事になりました。

 

長くながーーく考え続けていた教室に通うという夢が、やっと形になりそうです。

これを学んで、制作の幅を広げ新しい挑戦もしてみたいなあ。

考えすぎで慎重で、なかなか前に進めないのですが還暦を前に一歩前進です。

ちゃんとお教室に通えるようになりましたら、ご報告しますね。

コロナ太り

  • 2020.06.29 Monday
  • 20:56

JUGEMテーマ:日常

 

振り返ってみれば、3月の初めにはまだ出品させていただいていて、画廊に行ったりお友達に会ったりしていました。

コロナへの危機感はあったものの切羽詰まった雰囲気はありませんでした。

空気が変わったのは、やはり3月29日に志村けんさんが亡くなったことからでしょうか。

それから悪化の一途をたどり、4月16日に非常事態宣言発令。

そこからは本当にステイホームで、お家で過ごしていました。

 

もともと、活発な方ではありませんので家にいること自体は苦ではありません。

家に居る、ということは三食をきちんと取るという事になりました。

 

実はとてもおなかが弱くて、朝何かを食べて外出すると途中でおなかが痛くなるのが怖い。

友人と昼食を食べておなかを壊し、百貨店のトイレから立ち上がる事ができなかった事も。

外出するときは朝抜きとか、一人の時はお昼も食べないで動き回るというのが普通でした。

 

そんな生活をしてたら当然体重は増えません。

特にここ数年はじりじり体重が落ちていくばかりでした。

時々は頑張って食べるのですけれど、そうするとやっぱりおなかを壊す。

あまりに不調なので、おととしは胃腸専門医に掛かって、内視鏡検査をしたぐらいでした。

結果は

「すっごく綺麗な胃と腸です」

と褒められた挙句、

「ストレスですね〜」

でお終いでした。

 

それがこの3か月家で家事と絵を描く事だけやっていたら、お腹を壊さないんです(^^)/

インスタントラーメンも食べられる!

(脂分が多くて汁気の多い食べ物は天敵で、インスタントラーメンは大好きなのですけど食べると不調になってました)

わあ。ビックリ。

この三か月で3キロも太りました!

ずっと、戻したかったベスト体重に復帰です。

 

が、調子にのってると間違いなく太りすぎになりますから、これからは要注意ですね。

 

それもこれも、こんな大変な中も仕事して家庭を維持してくれた家族のお陰でもあります。

改めて感謝ですね。

 

 

今日の動画です。

 

花屋のフルール・ミニョンヌの看板娘 福ちゃん。

 

移動制限解除

  • 2020.06.19 Friday
  • 23:15

JUGEMテーマ:日常

 

移動制限が今日から解除になりました。

ほっとすると同時に、第二派が来ないことを祈ります。

 

夫は男兄弟で、実家は義兄が継いでくれています。

実家のほうは姉と私、二人とも嫁にでてしまったので、跡取りは居ません。

大した家柄でもありませんが、残されたお墓が悩みの種です。

私の父は早くに亡くなったので母は遠い墓に入れる気にならず、家の近所に墓を買いました。

父が亡くなってから一緒に墓にはいるまで22年。

母が入ってから、墓の世話は姉がしてくれていましたが、子供たちの代にまで面倒を掛けたくないということで、去年の秋に墓じまいをしました。

父と母がその墓に二人で入っていたのは三年ほどでしたが、ゆっくり話はできたのじゃないかと思います。

 

お骨は、三重の本家の墓に持っていくことになっていました。

本当は5月の気候の良いころに、姉と二人で納骨に行く積もりだったのですけれどもコロナで全く予定が立たなくなってしまいました。

その本家の墓にしてから、後の面倒を見る人がいないのですよね、、、、

実は今年納骨のついでに、今後の墓の処遇をどうするかも、お寺さんと相談したかったのですが。

 

三重と言えば伊勢神宮。

私が前厄で、姉が後厄なので、厄払いに行こうと話をしていました。

小学生の修学旅行と、大学の時の合宿所が伊勢だった。

懐かしいので楽しみにしていたのですけれど。

 

不要不急の用事と言えばそうなので、判断が難しいですね。

 

今日の動画は、ウールキネマの長女、ナナちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM