明けましておめでとうございます。

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 17:40

JUGEMテーマ:日常

 

2020年、令和2年が始まりました。

とても天気が良く、穏やかな年の始まりがありがたいですね。

 

 

本年の年賀状です。

ネズミと、ハートの枠、梅の花とねずみのしっぽはろうけつ染めです。

それをスキャンして、文字を載せて作成しています。

 

毎年、元旦に届くように作るというのが強迫観念に近くなっておりまして

当然デザインも制作も自分でするので、楽しいけれどもしんどい作業。

例年元旦にこちらに届けてくれる人は減っており、

「来た人にだけ送るから、年末は作らない」

という友人も多いので毎年誰に送るか悩みます。

 

去年来なかったから、今年は・・・とリストから外すと元旦に届いたり。

虚礼廃止で年賀状辞めます、とはっきり伝えてきてくださる方もいるんですけども。

 

どうなんですかね、皆さん年賀状どうされてます?

 

娘たちは何年も書いていないので、毎年数枚しか貰ってません。

気楽でいいなあ、と思ったり。

 

初詣は亀ヶ池八幡宮様へ。

去年までのお守りをお返しし、新しいお守りを受けて帰ってきました。

天気も良く、気持ちのいい参拝となりました。

 

 

 

私たち丑年、とうとう前厄です。

姉が前厄と本厄の時に、不幸が立て続けに起こりましたから、今から心細く思っています。

 

おみくじは末吉。

良くもなく悪くもない内容でしたが争いごとが起こりやすいとあり、気を引き締めて頭を低くして乗り切りたいと思います。

何事にも無理は禁物のようで、自分のできる範囲のことを、丁寧に取り組むとよいとありました。

 

一年の計は元旦にありと言います。

今年の目標は、まず健康。そして制作。

あまり無理をして広げないで、今までやってきたことを着実にこなしたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

  • 2019.12.28 Saturday
  • 16:24

JUGEMテーマ:日常

 

久しぶりに映画を見てきました。

つきみ野イオンにあったイオンシネマが、車で行きやすかったのでずっと通っていたのですが閉館になってしまいました。

同じタイミングでグランベリーモールにあった109シネマも、再開発のため閉館。

我が家は駅まで遠いので電車に乗っていくのは何となくめんどくさく、しばらく足が遠のいていました。

 

11月にやっとグランベリーパークとして再開発が終わり、109映画館も再始動。嬉しいです。

まだグランベリーパークはぐるっとしか回っていませんが、いいテナントが入っていてこのままうまく運営できればいいなと願っています。

 

 

スターウォーズ。

シリーズ最初の封切が1977年。日本の公開が翌年だったとして私は17歳でした。

元々SFが大好きだったので、頭の中で妄想していた宇宙戦争が画像になったことで胸がときめきました。

文字が星のかなたに流れていくイントロダクションに続き、大きな白い宇宙船の船腹が頭の上を通り過ぎた、次に、さらに巨大な宇宙戦艦が音もなく飛んでいく様子には、本当に度肝を抜かれたものです。

この映画に影響を受けなかったSF好きは居なかったろうと思います。

 

今三部作で、最初の主だったメンバーはすべて亡くなり(物語中で)スカイウォーカーの血筋も絶える事になってしまい、私の好きだったスターウォーズは終わったんだな、としみじみ感じました。

 

43年間、合間を空けながらも綴られた物語が、大団円で終わった・・・異論もあると思うけど・・・作った人たちには感謝したいと思います。

 

最後の三部作については、レイの他の(人間)キャラクターのキャストが、もうちょっとどうにかならなかったかという気持ちはありますけれどね。

 

また新しくなったグランベリーパークはどこも人がにぎわっています。

可愛いカフェもあったり

 

 

スヌーピーミュージアムもできたばかりでインスタ映えスポットですよ。

 

映画を久しぶりに見て、楽しい一日でした。

 

台風19号・ラグビースコットランド戦

  • 2019.10.14 Monday
  • 23:33

JUGEMテーマ:日常

 

関東、東北地方に甚大な災害を引き起こした台風19号。

被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。

 

12日に神奈川から東京に直撃しそうということで、予定していた日展への搬入は一日繰り上げ、11日に一人で運んできました。

実は運転が苦手で、特に首都高は流れが速く難しいので例年主人に運転してもらっていました。

ですがもう本当に仕方がなく、緊張して手に汗を握りつつの運転となりました。

 

道に迷いながら何とか搬入することができ、肩の荷が降りました。

これで入選もできれば嬉しいですが、まずは出品できたことを喜びたいと思います。

 

そして、台風の備え。

雨戸のない窓には養生テープをはり、雨漏りの実績のある場所には防水のブルーシートをセットし、水もカセットコンロも、ガスも、自分で考えられるだけの用意をしました。

早くから公民館も避難所として開設されたと防災放送で聞きましたがうちには猫が4匹いるので、この子たちを置いて出ることはできません。

 

神様に祈るしかありません・・・。

 

途中から、城山ダム放水という防災警報も伝わってきて、生きた心地がしませんでした。

12日は朝から雨、夕方から家がみしみしいうような風が吹き、雨戸を閉めた窓のサッシがガタガタと震えていて怖かったです。

しかし夜の9時過ぎに、町田を通過したあとは、嘘のように雨も風も止んで静かになりました。

けれど、城山ダムの放水での相模川決壊の可能性は残されていたので、12時過ぎまで起きていて、気になって何度もテレビを見におきだしたりしていました。

 

3時過ぎにようやく眠りにつき、朝9時ぐらいに起きたら、北関東、東北に大被害が!

なすすべもなく沈んでいく家屋や車・・・進路が狩野川台風に似ているということで、神奈川、東京が壊滅するほどの被害になるのではと思っていたため、それ以外の地域への大きな被害というのは予想していませんでした・・・。

 

13日はずっと災害情報のテレビを見て、関連のありそうなところに住んでいる知り合いの安否確認をしたりで落ち着かない一日でした。

 

そしてラグビースコットランド戦。

本当に素晴らしい試合でした。

災害が現在進行形であり、状況が刻々と変化しつつある時だからこそ力を合わせての応援ができ、それが選手たちの後押しになったと思いたい。

力を振り絞って、戦い抜いた選手たちには心よりありがとうと言いたいです。

 

私も、頑張らなくてはと励まされました。

被災された地域に何ができるか、微力ながら考えていきたいと思っています。

 

京都市立芸術大学vs京都造形芸術大学

  • 2019.09.06 Friday
  • 17:09

JUGEMテーマ:お知らせ

 

関東では全く報道がなく、友人からのラインで8月の末に知りましたが、

「京都造形芸術大学」という京都の私立大学が「京都芸術大学」に30周年を記念して改名するという発表がありました。

 

 

は?

 

はい??京都芸術大学っていわゆる母校の「京都市立芸術大学」の通名として、長い歴史を誇っています。

 

この辺の記事が分かりやすいので、引っ張らせてもらいました。

問題があったらお知らせください、削除します。

 

https://anond.hatelabo.jp/20190902125312

 

 

はあ、、、

 

関西では美術系トップ校ですが本当に少数精鋭というか、一学年125名しかいないし、音楽系を合わせてもせいぜい年間200人ほどの卒業生。

東京藝大のような圧倒的なネームバリューもなく、関東で美術に興味のない人には、名前すら知られていないわが母校。

とても不憫で悔しくてなりません。

 

 

おそら京造としては、反対や抗議は織り込み済みでしょう。

上手くすり抜けて名前をパクれればそれでよし。

パクれなくても、京造の名前だけは全国区になりますよね。

 

京都芸大を名乗ろうとした京都造形芸大。

 

無名より悪名を取ったという事でしょう。

商業ならそれもあり、少子化の中での学生奪い合いのし烈な争いの中で生き延びるための方便と、きっと固く信じているのだと思います。

しかし、美を造り護り育てる教育機関として、その姿勢は「美しくも正義でもない」と私は考えます。

 

この記事を読んで、ご賛同いただけるかたは、ぜひ反対署名をお願いいたします。

 

京都市立芸術大学-京都造形芸術大学の-京都芸術大学-へ名称変更についての反対署名

 

皆さんのお声が力になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

東京スカイツリー

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 23:01

JUGEMテーマ:日常

 

少し秋の気配が感じられるようになってきましたね。

このまま涼しくなっていくのでしょうか?

 

先日、初めて東京スカイツリーに行ってきました。

東京のランドマークですから、いろんな場所から見てきたのですけれども、実際に足を運んだのは初めてです。

夏休みの子供向け企画「大昆虫展」。

 

 

足元から見るスカイツリーは大迫力でした。

夏休みのお陰か、すごい人出でした。

 

 

割と狭い会場に、カブトムシやクワガタなど男の子が好きな虫が中心に展示されていました。

 

標本もありましたけど、申し訳程度ですね。

むーーん。

本当に子供向けでした。子供や孫などがいたら楽しめたかもしれませんが、アラ還にはちとつらかったです。

 

そのほかには、スポーツイベントやアイドルグループのミニコンサートなどもあり、にぎわっていました。

展望台は長蛇の列で、長時間待ってまで登る根性がなかったので、ソラマチをぐるっと回って眺めて、帰宅しました。

 

とりあえず、「スカイツリーの足元まで行った」という経験だけはしたわけですが、何か特別な・・・地方の友人を案内するとか・・・でないと、もう行かないかな?

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM