辰野金吾と美術のはなし@東京ステーションギャラリー

  • 2019.11.25 Monday
  • 10:35

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

 

辰野金吾は、東京ステーションギャラリーの設計者で、そのほか日本銀行、大阪市中央公会堂などを設計した、近代建築の父ともいえる人物。今回は、美術ということに主眼をおいていました。

 

とはいえ、何体か石膏像がおいてあったり、訪欧の際の建築スケッチなどが主で関わりについてはちょっとわかりにくかったかも。

しかし、青焼きされた緻密な設計図がとても美しかったです。

究極の用の美ですね。

 

 

 

あまり建築には詳しくないので、流し見になってしまいましたが、

明治の西欧列強に並ぶべく、刻苦勉励の末の立身出世。

また、指導者としても「親父」と呼ばれて生徒や部下に愛された人のようでした。

 

次へのつなぎなのか小規模でしたが、東京ステーションギャラリーの中の人がこの建物が好きで、建てた人をもっと有名にしたいという、気持ちの伝わる展示でした。

 

24日まで。

呼吸する彫刻 退官記念北郷悟@東京藝大美術館 

  • 2019.11.22 Friday
  • 05:18

 

先日、東京芸大美術館で行われていた北郷悟退官記念展を見てきました。

 

 

 

彫刻、特に人体をモチーフにした作品は、一瞬の時を閉じ込めています。

抽象的な作品も、静謐なイメージです。

 

教授の作品のほかに、教え子たちの作品も展示されていました。

 

片隅に、50センチにも満たない小さい彫刻がありましたが、細い足ですっと佇んでいます。

台に設置してあったり糸で釣ったりする彫刻も多い中、このバランスは美しくて素晴らしいと思いました。

拍手!

 

 

フランス大使館や企業などの後援で、学内のコンペがあったようでその発表も行われていました。

さすが、東京藝大。

学内だけでのコンペがあるなんて。

大学生向けのコンペや作品公募は色々あるかと思いますけれど、学内だけでのコンペって多摩美やムサビもあるのかしら?

今は学生を取り巻く環境が私のころと違うので、びっくりすることが多いです。

しかし、チャンスが多いということは嬉しいことですね。

 

 

若い方の作品に触れて楽しかったです。

 

作品展示のお知らせ

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 18:46

JUGEMテーマ:お知らせ

 

本日、12月の出品のお知らせをHPに上げました。

一か所は早稲田、一か所は横浜港南区ということで、場所はかなり離てますが期日は重なってしまっています。

 

ドラードギャラリー(早稲田)の表現者展というのは、しばらく前に応募して、参加許可を頂きました。

オーナーさんはご本人も画家で、アーティストとしても人間としても筋が通っているところが素敵な方です。

 

現代童画展では、作品を拝見してきました。

小原聖史 「赤い塔の不思議な住人達」

 

また、ギャラリーが入っている建物が日本のガウディとしても有名な梵寿綱さんの設計で個性的な事でも印象的です。

今回も、猫の絵での出品を予定しています。

100名の出品者が集まるということで、隅っこでそっと展示してもらえると思いますが、お近くにおいでの節はお立ち寄りください。

 

もう一か所は横浜港南区 kozaの間「十人十色展」。

 

 

3年ほど前に一度出品させてもらったことがあります。

11月の初めに募集の案内が来ていたので、応募したところ、ドラードの展示と重なっていました( ;∀;)

 

こちらは、個人設計事務所を経営されているご夫婦が、地域の文化新興のためにスペースを貸してくださるのです。

音楽や美術の展示など様々な活動をされていますが、とても暖かい空気の空間になっています。

十人十色展は、プロアマ、ジャンル問わずのアンデパンダン展なので、とてもバラエティに富んで楽しい展示になります。

こちらも、猫の絵で参加させていただきます。

 

場所が少し行きにくいので、お近くの方はお立ち寄りください。

 

 

竹工芸名品展@近代美術館工芸館

  • 2019.11.14 Thursday
  • 11:57

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

竹作家のお友達に誘われて、「竹工芸名品展 ニューヨークのアビー・コレクションメトロポリタン美術館所蔵」展を見てきました。

 

 

HPより引用

 

「工芸館の建物は、旧近衛師団司令部庁舎を保存活用したものです。この建物は、明治43(1910)年3月、陸軍技師田村鎮(やすし)の設計により、近衛師団司令部庁舎として建築されました。2階建煉瓦造で、正面中央の玄関部に小さな八角形の塔屋をのせ、両翼部に張り出しがある簡素なゴシック様式の建物です。丸の内や霞ヶ関の明治洋風煉瓦造の建物が急速に消滅していくなかで、官庁建築の旧規をよく残しており、日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として重要な文化財です。」

 

当時の面影を残すレンガ造りの建物は、工芸美術品の展示に似合っており、とても雰囲気があります。

しかし、工芸館が石川県に移転することになり、オリンピック開催の前に開館を目指すということ。

残されたこちらの建物は、今後どうなっていくのか気がかりです。

 

田辺竹雲斎氏のギャラリートークと、竹作家の友人の解説があり、とても充実した一日となりました。

 

元々は竹工芸は日用品から始まり、戦国時代に力を付けた堺の商人たちの間でお茶、煎茶道が盛んになった際に中国からの竹細工に刺激を受け現在の形に発展したそうです。

三代田辺竹雲斎氏も大阪の作家さんで思ったよりもお若い方で驚きました。

 

 

アメリカの富豪のアビーさんという方が竹工芸のコレクターで、メトロポリタンに将来所蔵されることが決まったため海外の各地で展示、大変反響を得たので日本への凱旋里帰り展示なのだということでした。

古いもので1920年代の作品から現在の作品までが、竹工芸の流れを汲みつつ展示されています。

 

竹の場合はほとんどが立体作品になるため、壁面には工芸館所蔵の平面作品が展示されていました。

 

稲垣稔次郎の木綿地型染壁掛けがバックに。とても素敵でした。

 

門田篁玉「維新」

こちらはベースになる竹かごに、細い竹ひごを巻き付けた作品で、海外で人気があるそうです。

友人によると、これだけ細い竹ひごを作るだけでとても大変だとのこと。

 

 

飯塚小玕斎「白錆花籠籃 雲龍」

こちらは、竹を切り離すことなく、半円形を平面に開いてくみ上げています。

竹をこの状態に開き、割れないように組み上げるのはとても力がいるそうです。

白黒の制作動画が流れていましたが、力業で、男の仕事だなあ〜と思いました。

 

ギャラリートークしてくださった三代田辺竹雲斎氏の作品「未来への歓喜」

田辺竹雲斎氏は、二代のお父さんに弟子入りし、10年間修行ののち襲名されたとのこと。

襲名の際に船出を祝うつもりで作られた作品が、アビーコレクションに収蔵されたのですね。

 

また氏は世界各国に竹工芸のすばらしさを広げるため、竹でのインスタレーション展示を積極的に行ってるそうです。

その際のモットーとしてはエコであること。

割竹を棒のまま輸出し、現地で会場に合わせてインスタレーション設置。

終わると解体して次の会場へ送るとのこと。

一回の展示で約1割程度の破損、廃棄があるそうですが、その分をまた足しながら移動するのですね。

なるほど〜と思いました。

 

今回の工芸館では、建物そのものが重要文化財ということだと思いますが、インスタレーションがやれなかったので、次回の巡回先の東洋陶磁美術館では「インスタレーションやります、楽しみにしていてください」とのことです。

 

色々歴史的な事や、友人からは技術的なことを学び、とても楽しかったです。

竹工芸もとても奥が深いですね。

これからもっとよく見ていきたいと思います。

 

12月8日まで。

印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展@三菱一号館美術館

  • 2019.11.11 Monday
  • 12:10

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

印象派からその先へ ―世界に誇る吉野石膏コレクション展を見てきました。

 

 

吉野石膏に美術のコレクションがあることを知りませんでした。

HPを見てみると、2008年に設立され、2011年に公益財団法人吉野石膏美術振興財団になったそうです。

221点の近代フランス絵画と日本画を中心に、定期的に山形美術館と天童市美術館に寄託、展示してるのですね。

そのほか、若手美術家に助成金を出したり、芸術振興に力をいれているようです。

 

作品は、ルノワール、マネ、ドガを中心に72点。三菱一号館の雰囲気のある空間に、ゆったりと展示されていました。

 

 

 

こちらは、写真を撮っていいパネルです。

 

ルソーやゴッホ、セザンヌ、ピカソ、ユトリロにローランサン、キスリングにシャガールなど、有名で人気のある作家は一渡り集めました、という印象でした。

 

集めた人のこだわりは感じられませんが、綺麗でほっとする作品が多いですね。

芸術の秋、印象派界隈と美しくて穏やかな気持ちになりたい方にお勧めです。

 

1月20日まで。

終わりごろには込み合うと思いますので、ゆったりご覧になりたい方はお早めに。

バスキア展 MEDE IN JAPAN @森アーツセンターギャラリー

  • 2019.11.08 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

森ビルのバスキア展に行ってきました。

バスキアについて印象に残っているのはやはり元ZOZO社長 前澤友作さんが、123億円で作品を落札したこと。

今回、↓その作品がメインでの出展でした。

 

 

パンフレットやポスターにも使用されて、印象深いです。

 

バスキアの展覧会を私がちゃんと見るのは初めて。

1960年生まれのバスキアは、クスリのオーバードーズで27歳という若さで亡くなります。

生きていれば私の一歳年上、58歳。

そう考えると、感慨深いものがありますね。

 

 

一部の作品は写真可。

文字を多用しています。詩的なグラフティで評価されたということなので、読み取ることができるともっと楽しめるのでしょうが、

いかんせん英語はアウトな人なので、とても残念。

同時代のキースへリングなどと通じる、ポップで明るい空気をまとっています。

来日して日本を気に入ってくれたようで、絵にも日本の印象が盛り込まれています。

100円ショップが気に入ったんでしょうか?

 

 

シルエットのみの自画像?のような絵。

ちょっと怖い感じですね。

 

10年余りしか活動期間がなかったのですがたくさんの絵とドローイングを残し、いなくなってしまった作家。

たしか、バスキアの映画があったはず。

あまりに鮮烈に時代を駆け抜けていったので、皆さん腑に落ちない感じが残ってしまうのでしょうね。

 

チケットは割高で1800円しますが、すべての人がレコーダーでの解説を聞くことができます。

11月17日まで。

 

PS

ZOZOをソフトバンクに売却発表が9月12日。9月末で退任したんですが、この展覧会のパンフレットにはこうありました。

 

「バスキアの絵を買ってすぐ会社に飾り、社員に観てもらいました。

社員たちも瞬間的にバスキアに魅了され、虜になっていました。

私たちZOZOは、おそらく日本一バスキアファンの多い会社だと思います。

ZOZOも全面協力するバスキア展を、どうぞごゆっくりお楽しみください!

株式会社ZOZO 代表取締役社長 前澤友作」

 

パンフレットをもらったのは11月に入ってからなので、訂正間に合わなかったんですね。

残された社員の方たちは、今もバスキアが好きかしら?

 

カルティエ、時の結晶@国立新美術館

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 10:00

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

カルティエ、時の結晶を 国立新美術館で見てきました。

 

宝飾の展示では、アートオブブルガリ という展示を2015年に東京国立博物館の表敬館で見ています。

2014年には、見逃していますが同じ表敬館でエルメスの展示もしていました。

 

表敬館という建物は明治42年に当時の皇太子(大正天皇)のご成婚を記念して作られました。

時代の最先端であった洋風建築を代表する建物として、重要文化財にも指定されている、レトロで味わいのある建物です。

入口の壮麗さに比べて、意外に内部は狭い印象ですが、入ったところのモザイクの床や、半らせんを描く階段がとても素敵でよくテレビ、映画撮影で使われています。

 

そういった雰囲気のある建物でしたので、ブルガリは建物、内装に沿った形での展示だったように思います。

 

国立新美術館は貸会場としてとてもシンプルかつ現代的。と言えばいい感じですが、はっきり言えばそっけなくて味わいのない壁と天井をしています。

 

その国立新美術館での展示を、ハイジュエリーの老舗、カルティエはどう見せて、魅せてくれるか?楽しみにしていました。

 

 

入場した最初は真っ暗な空間の中に、12か所の円柱の柱があり、その中にミステリークロックと呼ばれる、不思議で美しい時計が並べられていました。

針が、閉じ込められた水晶の中で浮かんているように見えます。

今なら、ガラスにデジタルな画像が浮かんているのは見慣れた情景なので、あまり違和感はありませんが、古いものは1920年代に作成されていますので、当時は本当に驚きをもって迎えられたことと思います。

時計の制作からカルティエの歴史が始まったことを印象づけるオープニングスペースでした。

 

そこから先は、3章に分かれて色、素材、技法、フォルム、デザイン、そして好奇心という流れで美しい宝石が所狭しと並べられていました。

また、今回は、新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之が会場構成を手掛けているということで、日本の伝統的な木、石、が什器として使用されていて、新鮮でした。

首から上のネックレスを飾るためのトルソーは、日本の杉を使っていたり、古美術といえそうな古い木材を台に使用など。

また大谷石を組み合わせた展示ボックスは、趣がありとても美しかったです。

 

 

こういった高級宝飾はほとんどがオーダーメイドでしょうから、いったいどういった人が身に着けるのでしょうか。

 

こちらは、写真を撮ってもよいスペースに作られた専用什器。

未来の乗り物のようなイメージでした。

 

宝石を身に着けたいという欲求はあまり持っていないのですが、やはり美しいものは美しい。

ため息をつきつつの鑑賞となりました。

 

国立新美術館での展示は12/16まで。

日展と同時開催の時期がありますので、お時間のある方は一緒にどうぞ!

 

 

コートールド美術館展@東京都美術館

  • 2019.11.02 Saturday
  • 10:00

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

コートールド美術館展@東京都美術館 を見てきました。

マネの晩年の傑作、フォリー=ベルジェールのバーが来日したことでも、話題になっています。

そのほか、印象派の巨匠ルノワール、モネ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌなど、有名な作家作品が展示されています。

安定の印象派絵画展といった感じでした。

 

今回は、コートールド美術館が研究施設も持っており資料や比較研究を土台に展示されていました。

ですが・・・

 

人が多すぎてキャプションが読めません( ;∀;)

人の頭越しに作品を見るのが精いっぱい。

ストレスフルでじっくり見る気力がなく、見流す感じになってしまいました。

 

人の多いところ、騒がしいところは本当に苦手です。

 

出口のところにあった、写真を撮っていいスペース。

今回の展示会はこちらだけでした。

美術館からの許可云々よりも、もともと知名度が高いので、SNSで発信して集客する必要がないためだと思います。

そしてそれは大正解。

 

印象派が好きな方は、巨匠の選りすぐりの名画が数点ずつですが出品されていますので、お見逃しなく。

かなり込み合いますので、覚悟の上足をお運びください。

12月15日まで。

 

 「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美」@東京国立博物館

  • 2019.10.29 Tuesday
  • 21:41

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

 

正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美@東京国立博物館 を見てきました。

今回は天皇陛下のご即位に合わせての特別展ということで、楽しみにしていました。

 

一部原寸大での正倉院を再現してあり、改めて大きなものだと感心しました。

ただ、コンクリートなのか白い漆喰のような造りだったので、印象が違う。

やっぱり年経た感じの木材の色にしてほしかったですね。

 

歴史や美術史の教科書で見た様々な宝物の実物が〜。

1000年以上時を経たとは思えない美しさで保管されています。

 

また、宮内庁では昔の宝物の保管とともに再現も行っています。

 

螺鈿紫檀五絃琵琶を再現制作する動画が流れていました。

当代の最高峰の工芸家が丁寧にパーツを造りくみ上げた美しい琵琶。

弦には、上皇后陛下が手づからお育ての小石丸というお蚕さんの生糸が使われているとか。

本物は鳴らすことができないのですが、模造品は当時の音楽を(予想して)再現して演奏した音色が流れています。

 

こちらは、模造品の螺鈿紫檀阮威 

美しいです。

 

やはり工芸というジャンルで勉強しているので、古代の技術の再現等は見ていて心が震えます。

工業製品や新しい素材に押されて、伝統技術が失われていくこの時代に、手間暇かけて当時と同じ素材、技法での再現はいずれできなくなっていくのではないでしょうか。

貴重な最後の再現かもと思ってしまいます・・・

 

また、面白かったのは蘭奢待(らんじゃたい)と呼ばれる香木…

 

見ているだけではただの流木のようなのですが、伽羅と呼ばれるお香として使用されます。

正倉院に納められたのは鎌倉時代以前のようなのですが、入手経路は不明のようです。

 

正倉院に名高い香木があるということは歴代の支配者にとって魅力的であったようで、足利義政や織田信長、明治天皇の切り取り跡が残されています。歴史の刻まれた香木、本当にどんな香がするのでしょうか?

 

あと印象的だったのは最後の部屋に飾られた「塵芥」

文字通り、ちり、あくたです。

倉庫内で残されたごみや、何か分からない屑類は一つとして捨てられることなく、箱に納められて伝えられています。

今でも、その「塵芥」を、日々素材別に分類し、整理し続けているということで、そういった細かい作業が大好きなので、こういうところに就職したかったな〜と思った次第です。

 

教科書に載るような素晴らしいお宝ばかり、展示は11/24まで。

是非、足を運んでみてくださいね。

岸田劉生展@東京ステーションギャラリー

  • 2019.10.26 Saturday
  • 11:00

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

東京ステーションギャラリーでの岸田劉生展を見てきました。

 

 

最初のころの肖像画は、非常にオーソドックスで破綻のない仕上がりです。

どちらかというと、印象派からのタッチも伺える好感の持てる絵画でした。

しかし、結婚してしばらくして北方ルネッサンスのデューラーに傾倒し、微に入り才を穿ち描写を突き詰めていく劉生のスタイルが始まります。

デューラーにも感じられるのですが、見えるものをすべて描いてしまうと、だんだん気持ちが悪くなっていくのですね。

それが有名な麗子像にも出ていて、狙っていたのかどうなのかわかりませんが、ヌメッとした妖怪のような幼女になってしまっています。

それから東洋美術に傾倒していき、日本画まで描いています。

結核を病み芸者遊びなどで放蕩し生活が乱れてゆき、支援者がなんとか油絵の世界に戻そうとしたころには気の抜けたような絵になってしまっていました。

最後は満州で何枚か絵を描いていますが、私にはあまりピンとくるものではありませんでした。

 

好きではないのですが、中学、高校の美術史の教科書には必ず麗子像が載っていてとても引っ掛かる絵でした。

 

なんで自分の娘をこんなに気持ち悪く描くのだろう?

写真で見る麗子さんは、絵とは似ていない。

画家にとって目の前の娘をそのままに写しているのではないのかしら?

 

ずっと疑問で、今回何枚見てもやっぱり気持ち悪くて、今ではもっと気持ち悪い絵がいっぱいありますから随分鈍感にはなりましたけれども、岸田劉生という人の思考回路というのは、やっぱり良く解りませんでした。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM